水土里ネットさが −佐賀県土地改良事業団体連合会−

トップページ お知らせ 水土里ネットさがのご案内 水土里ネットさがの行う事業 水土里ネットさが各部事業紹介
 ホーム < 水土里ネットさがのご案内 < 水土里ネットさがの沿革
水土里ネットさがのご案内
 水土里ネットさがの沿革
 水土里ネットさがの目的
 法人としての性格
 会の機構
 会員
 総会
 事業の概要
 本部所在地
 
水土里ネットってなに?
21世紀創造運動
水土保全強化対策事業
水土里情報センター
土地改良区の紹介
書式ダウンロード
広報誌「土地改良だより」
お問い合わせ
キッズページ
疎水百選
 
水土里ネットさがの沿革
 
大正14年5月
佐賀県耕地整理協会
 明治33年3月、耕地整理法が施行され開墾助成法(大正8年制定)及び耕地整理特殊工事費補助(大正12年)を基に、大正14年5月「佐賀県耕地整理協会」が設立されました。これが当会の前身であります。
昭和2年5月
佐賀県耕地協会
   その後、耕地等の改良拡張に関する事業の普及発達並びに事業関係者の共同の利益を図る目的で、昭和2年5月「佐賀県耕地協会」が設立されました。当時の協会は、耕地整理組合や水利組合等を会員とし、事業の発展とともに年々充実し開墾助成事業や、昭和7年に創設された時局匡救農業土木事業等に極めて有効に活動してきました。
 昭和24年6月「土地改良法」の制定に伴い、昭和27年6月「佐賀県土地改良協会」が設立され、更に昭和32年4月20日法律第69号による土地改良法一部改正により、当協会を発展的に解散し、昭和33年6月『佐賀県土地改良事業団体連合会』の設立に至っております。
昭和27年6月
佐賀県土地改良協会
昭和33年6月
佐賀県土地改良
事業団体連合会